フランス語学科同窓会 上智大学フランス語学科同窓会問題(個人情報無断漏洩 及び 風間烈同窓会会長の虚偽対応) 学部・学科の動き

フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件(42)

1998年、中村雅治・上智大学教授(当時)がゼミ説明会で「うちのゼミは全ての先生が開講しているのではありません。やる気のある先生だけが開講します」とのたまい、その場にいない女性教員らをこき下ろし始め…

フランス語学科同窓会 上智大学フランス語学科同窓会問題(個人情報無断漏洩 及び 風間烈同窓会会長の虚偽対応) 学部・学科の動き

フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件(41)

内容証明を受け取った中村雅治・会報編集人(上智大学名誉教授)は、なぜ古巣の学科に事実関係を確認しなかったのか。自分の元同僚たちが非難されようとしている時に、なぜ連絡も取らず沈黙を守る必要があったのか…

フランス語学科同窓会 上智大学フランス語学科同窓会問題(個人情報無断漏洩 及び 風間烈同窓会会長の虚偽対応)

フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件(40)

本件が上智大学フランス語学科同窓会にとって本当に身に覚えのないことで、フランス語学科が勝手にやったのだとしたら、風間烈会長が学科に抗議するどころか一度も連絡も取らずに沈黙したのは、一体なぜでしょうか?

フランス語学科同窓会 上智大学フランス語学科同窓会問題(個人情報無断漏洩 及び 風間烈同窓会会長の虚偽対応)

フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件(39)

風間烈・上智大学フランス語学科同窓会会長の代理人・池田昭弁護士は消極的真実義務を果たしているのかもしれません。しかし黙秘をするのは、喋ったら不利益なことが存在すると認めているのと同じではないでしょうか